尋常性瘡にも色々種類があるって、本当でしょうか? ニキビに種類があるというものは、本当なんです。 ・ニキビの状態による分類(難しい名前が付いていることもよくあります) ・ニキビの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)による分類 このように、ニキビはまず二つに分けることができます。 さらに、吹き出物(二十歳を過ぎたら、ニキビではなく、吹き出物と表現しますね。できる原因も畭なります)の状態による分類(ある意味、今までの研究の成果ともいえるでしょう)では、赤ニキビ・白吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)・黒ニキビに分類することができるでしょう。 また、ニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)の原因による分類(難しい名前が付いていることもよくあります)では、思春期ニキビと大人ニキビに分ける事ができるのです。 赤ニキビは赤く腫れた状態で触ると痛いですが、もう少し進むと痛みはなくなり、白い膿が溜まったような状態なのです。 それが白ニキビです。 黒ニキビは、毛穴が詰まって角栓(最近では、女性だけでなく男性でも悩んでいる人は多いようです)が黒くなってしまったものをいうのです。 これに対し、ニキビの原因で分類する場合には、思春期特有のホルモンバランスの乱れ、主に男性ホルモンの急激な増加が原因で起きるニキビを思春期ニキビと呼びます。 そして、大人(思春期の頃は、ずるい、汚い、ああはなりたくないと思ったりもしますが、気がつくと自分もいつの間にかそうなってしまっていたり)に特有の生活習慣(規則正しい生活を送り、健康を害する恐れのある習慣は極力排除することが大切です)の乱れなどが原因で起きるニキビを大人ざそうと呼んでいるのです。 大人に特有の生活習慣の乱れとは、栄養価の偏った外食主体っぽい食生活・飲酒や喫煙・仕事のストレス・夜更かし・化粧の落とし残しや体質に合わない化粧品などを指しますー